日常では予想外の事が良く起こりますが、エロにおいてもそれは同じですね。

それがいい方に転ぶ事もあれば悪い方に転ぶ事もあります。

今回は良い方の話です。

 

以前、といっても3カ月ほど前の出来事です。

ハッピーメールで知り合って、時々会ってはセックスしている女性がいます。

30代後半で中肉中背のその辺に居そうな人ですが、その平凡な見た目の予想を裏切るエッチな良い体をしています。

 

ご飯をいっしょに食べてからホテルに行くのがいつもの事になっているのですが、その日も夕食を食べてからホテルに向かいました。

ホテルは郊外や田舎によくあるコテージ型のそれぞれの部屋が独立した建物になっていて駐車場が付いているタイプです。

その日は金曜日の夜という事もあり、ほとんどの部屋に先客がおりました。

何とか空いていた部屋の駐車場に車を停めて部屋に入りました。

 

「何?この部屋…」

そうセフレが言います。

女性を拘束するための台やら壁張りつけるための手かせ足かせがあり部屋の雰囲気もかなり暗く怪しい感じです。

 

私が、

「これは要するにSM部屋だね」

と言うと、

「私そんな趣味ないよ、やった事ないし…」

とセフレは言います。

 

「まぁ、それはそれで良いじゃないの無理なことはしないから大丈夫」

などと言いましたが、私は密かにこのアクシデントを何とか楽しい方向に持っていけないかと考えていました。

 

仮にその時SM部屋に入らなかったとしても、この女にそろそろアブノーマルな事をしてやろうと企んでいた所でしたので、

カバンにローションや電マやアナルバイブ等を用意してきていたんです。

セフレも最初こそ怖いとか何とか言っていましたが、部屋の雰囲気に慣れるとともにだんだんと置かれているSM台や拘束具に興味がわいてきた様子でした。

 

私の企みに気づかれないように気をつけながらいっしょにシャワーを浴びました。

部屋に戻るとセフレが言います、

「ねぇ、私ちょっとだけ興味あるんだけど… 台にのってみたい」

「でもね絶対に痛いのとかしないでね、私が降ろしてと言ったら台から降ろしてよ?」

と言うではないですか。

飛んで火にいる夏の虫というやつですね。

「大丈夫、絶対に嫌な事はしないから」

と私も言います。

そもそも私は小心者で相手が痛そうだったり辛そうだとこっちも楽しくない性分ですのでそもそもしませんが。

 

 

セフレが自分から台に上がりました。

その台は分娩台みたいな形をしており漢字の大の字の形で女を拘束するスタイルになっています。

催促されるままに手かせ足かせをはめるとセフレはこの状況に興奮しているような様子でした。

私はひざまずいてセフレのアソコをこれでもかというくらいクンニします。

ここまではいつも通りです。

セフレがだいぶ気持ちよくなってきたタイミングでカバンからアタッチメント付きのフェアリーミニという電マを取り出します。

この電マとアタッチメントはちょくちょく購入しているネット通販でちょっと前に取り寄せたものです。

アタッチメントはオルガBIGというヤツです。

画像は電マの頭に取り付けた状態のオルガBIGです。

ユーザーレビューでヤバイとか逝きまくり、とか書かれていたんで使う時を楽しみに待っていました。

 

ローションをぬり付けてからゆっくりと挿入します。

ビックオルガがちょっと大きめな造りなのか女のアソコが狭いのか多少入れるのに抵抗感があり挿入するのに角度を考えないと入りません。

セフレが、

「んんっ、アソコの中がいっぱいになる感じ」

と言います、この時点ではまだスイッチをいれていません。

「スイッチ入れるね」

と言いながらスイッチを入れます。

とたんにセフレがアゥアゥ言いはじめて太ももがブルブルしています。

電マのダイヤル式の強弱をだんだんと強に持っていきます。

アーアーわめきながらセフレは何回も逝った様子でした。

拘束台の下の床を見ると水たまりができています。

どうやらチビってしまったようでした。

 

「どうだった?」

と聞いてみると、

「これはアカン奴や…」

とセフレは何故か関西人でもないのにそう言いました。

だいぶ気持ちよかった様子で肩で息をしています。

そして、

「初めからそのつもりだったの?道具まで用意してたし」

と聞くので、

「この部屋に入ったのは偶然ですよ、道具は使うつもりで持ってきてましたけど」

と私はおどおどしてそこだけ敬語になってしまいました。

 

そのあともあれやこれやと試してみたんですがアナルバイブはキッパリと拒否されました…

残念…

 

セフレを台に拘束したままでナニをフェラしてもらい、そのまま挿入してみました。

分娩台の形をしているから拘束セックスを楽しもうと思ったのですが、

予想外にその用途には向いていない事がわかりましたので普通にベッドに行きいつものセックスをしてフィニッシュしました。

 

 

いつもと違う感じで楽しめたので結果としてSM部屋で良かったです。

アナルをいじるのを拒否されたのは残念でしたが、隙あらば狙っていくつもりでいます。

 

 

良ければ下のブログランキングバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


パートナー探し(ノンアダルト)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Similar Posts: